小泉元首相の「原発はトイレなきマンション」はけだし名言

「原発はトイレなきマンション」。けだし名言だ▼原発は使用後の核燃料を処分する施設が不可欠だが、危険なためどこも引き受け手がない。福島原発事故では高濃度の放射性物質を含む汚染水が日々たまり続け、漏水事故という二次災害まで起こしてしまった▼小泉純一郎元首相が毎日新聞のオピニオン「風知草」の「小泉純一郎の『原発ゼロ』」で語った一言だ。同じようなことをいう人は多い。元首相となれば、その影響力は大きい▼財界は推進のための広告塔に利用しようとした。ところが全く逆になってしまった。「ミイラ取りがミイラになってしまった」と言える▼首相在任中は原発推進に力を注いだ。考えを180度変えたことに「過ちを正すに憚(はばか)ることなかれ」と、推進派は今や取り付く島もない▼この間、発言や考えが間違っていて批判を浴びればまずマスコミのせいにし、撤回などして謝罪すれば許されると考える軽い政治家が大阪中心にはびこった。ブームに乗った類かと思ったが、主張にぶれを感じない▼ただ手練れの政治家なので、意図するところをいろいろ勘ぐってしまう。