・タオルリポート320号(2016年2月10日付)

 ・滅菌などの機能有するタオル登場 成願が医者及び医療機関とコラボして開発 用途別に商品化、新たな市場構築探る320_1 ― 制菌、抗菌防臭、消臭タオルは一般的だがこのほど、細菌、ウイルス、アレルゲンのたんぱく質を破壊、分解して水にする無機物を使った無菌タオルが登場した。細菌などの細胞を破壊し、水になれば無菌状態。滅菌、殺菌したことになる。タオルを売り出すのは成願(大阪府泉南市、仙波一昌社長)。感染症、アレルギー、皮膚科の専門医師と創薬会社、DR.C医薬(東京都新宿区)とコラボして開発した。(⇒続きは、タオルリポート320号1面に掲載)


・ミス・アース日本代表がイメージキャラクター タオルヤーンクラブ初出展のJAPANヤーンフェア320_2> ― 紡績のタオル原糸担当者で構成されるタオルヤーンクラブ(TYC、羽根隆則代表)は2月24~26日、愛知県一宮市で開かれる第13回JAPANヤーンフェアに初出展するが、このほどブース名やロゴマークなどを決めた。また、イメージキャラクターとして、世界4大ミスコンテストの一つになっているミス・アースの今年度日本代表の山田彩乃さん(写真)が協力してくれることになった。(⇒続きは、タオルリポート320号2面に掲載)


・JAPANヤーンフェア 2月24~26日開催 タオル糸開発団体が初出展 ― テキスタイルの原料、糸の総合展「JAPANヤーン(JY)フェア」が2月24~26日、尾州織物産地の中心都市、愛知県一宮市の一宮総合体育館DIADORAアリーナで開かれる。第13回目の開催で、主催は一宮地場産業ファッションデザインセンター(FDC)。同時開催で尾州総合展「The尾州」も開かれる。(⇒続きは、タオルリポート320号2面に掲載、出展社一覧は3,4面に掲載)


・増井 初のタオル用原糸 「ソフシル」開発320_3 ― 繊維製品の原料である糸(レーヨン、ポリエステル、ナイロン、アクリル、綿など)を主に取り扱う商社、増井(京都市中京区、増井啓司社長)はこのほど、初めてタオル用原糸を開発、タオルを試作、2月3~5日に開かれた東京国際ギフトショーで発表した。(⇒続きは、タオルリポート320号2面に掲載)


・ダッドウェイ オリジナルのタオルギフト直販 ハウスブランド「D by DADWAY(ディーバイダッドウェイ)で 320_4 ― 育児グッズ、知育玩具のDADWAY(ダッドウェイ、横浜市港北区、白鳥公彦社長)はハウスブランド「DbyDADWAY(ディーバイダッドウェイ)」を立ち上げ、昨年4月からギフトに特化した製品をタオル中心に直販を始めた。現在までにパイル製品の拡充も進めた。(⇒続きは、タオルリポート320号5面に掲載)


・昭和西川 「ムアツ」に新シリーズ 健康、美容枕の強化も進める 320_5 ― 昭和西川(東京都中央区、清原雅文社長)はこのほど、「ムアツふとん」の新シリーズ、「ムアツ2FORM」(写真)と「ムアツマットレスパッド」および「ムアツまくら」の販売に入ったことを明らかにした。また、3月からは「快眠セラピストがおすすめする女性に優しい首元きれいまくら」を発売する。(⇒続きは、タオルリポート320号5面に掲載)


・機能素材 タオルのような厚みのウエットティッシュ「いっぱいふいちゃお!ウエットワイプ」 320_6 ― ノベルティ用ウエットティッシュの機能素材(高知県高知市、岡村和征社長)が「タオルみたいに厚くしてみました」というウエットティッシュ「いっぱいふいちゃお!ウエットワイプ」の販売を本格化させた。昨年から販売に入っており、市販も行っている。同ウエットティッシュは特殊3層メッシュの不織布で、素材は100%木材由来で生分解する。ノンアルコールでモモの葉エキスを使っており、子供やアルコール刺激に敏感な人も安心して使える。(⇒続きは、タオルリポート320号5面に掲載)


・インターテキスタイル上海ホームテキスタイル秋2016出展社募集 ― 国際見本市会社メサゴ・メッセフランクフルト(東京都千代田区、梶原靖志社長)は現在、今年の8月24~29日に中国・上海で開催するインターテキスタイル上海ホームテキスタイル秋の出展社を募集中だ2月29日までに申し込めば出展料は10%割引になる。(⇒続きは、タオルリポート320号5面に掲載)


・「泉州こだわりタオル」東京展 盛況裏のうちに終える 「泉州透かし織」に関心集まる 320_7> ― 大阪タオル工業組合は2月3、4の両日、東京駅前・丸ビル1階のイベントスペース、マルキューブで「泉州こだわりタオル」東京展を開いた。今回で9回目の開催だ。会期中に4,000人強の来場者があり、予想を上回る成果があった。例年以上にタオル従事者、関係者が多かった。(⇒続きは、タオルリポート320号6面に掲載)


・四国工組 「今治タオル」監視協力要請 東京初開催のタオルソムリエ・ティパーティで      320_8320_9 ― 2月4日、東京国際ギフトショーが開かれている近くのTFTビルで、タオルソムリエの2015年度東京研修会が開かれた。87人のタオルソムリエと関係者を合わせて100人ほどが参加した。研修会後、東京会場初のティパーティを開いた。ソムリエと組合関係者を合わせて37人が参加した。(⇒続きは、タオルリポート320号6面に掲載)


・2015年国内紡績生産 5.5%減 綿糸は4.7%減 ― 日本紡績協会発表の昨年12月の国内紡績生産は、前年同月比5.9%減の8,515コリ(1,545トン)だった。綿糸が4.8%減の5,666コリ(1,028トン)、合繊糸が11.4%減の1,846コリ(335トン、再生・半合繊糸が3.7%減の976コリ(177トン)、その他が27コリ(5トン)だった。(⇒続きは、タオルリポート320号6面に掲載


・綿糸相場 (タオルリポート320号6面に掲載)  320_soba