・タオルリポート375号(2017年3月22日付)

・おぼろタオル 新しい企業イメージ発信 「おぼろ百年の極」の発売で375_1 ― 細番手の糸を使い薄くて軽い使い勝手のいいタオルの生産メーカーのイメージが強いおぼろタオル(三重県津市、加藤勘次社長)が一見、ロングパイルで密度が濃く、分厚くボリュームのあるタオル「おぼろ百年の極」を開発、今春から販売に入っている。ウエットユース中心からドライユースの物作りに取り組みはじめ、新しい企業イメージを発信する。(⇒続きは、タオルリポート375号1面に掲載) おぼろタオルの新しいイメージを発信する戦略商品「おぼろ百年の極」


・大同「ヴァカンツァ」に今春夏から「今治タオル」でシリーズ375_2 ― バス・トイレタリーを中心にした家庭用品を取り扱う専門商社、大同(東京都中央区、大同徹社長)は今春夏から、2015年から販売する「ヴァカンツァ」に「今治タオル」だけで構成したシリーズを加えた。「ヴァカンツァ」はバス・トイレタリー繊維製品をトータル展開する生活提案型のブランドだ。(⇒続きは、タオルリポート375号2面に掲載) バス・トイレタリー中心にトータル生活提案を志向する「ヴァカンツァ」に「今治タオル」でシリーズ


・JR東日本のクルーズトレイン「TRAN SUITE 四季島(トランスイートしきしま)」の全客室に西川産業の寝具375_3 ― 5月から運行が始まるJR東日本のクルーズトレイン「TRAN SUITE四季島(トランスイートしきしま)」の全客室に西川産業(東京都中央区、西川八一行社長)の寝具が採用された。同列車オリジナル仕様の寝具をそろえた。(⇒続きは、タオルリポート375号2面に掲載) クルーズトレイン「トランスイーツ四季島」の全客室の寝具に西川産業の寝具を採用


・ハイメン ガーゼタオル強化へ 「ガーゼのタオル」シリーズ加える375_4 ― 今治産地で草木染めを特徴にした和雑貨の製造販売を行うハイメン(羽藤世浩社長)は、タオルの強化を進めており、雑貨向けに片面ガーゼ・片面パイルのタオルを中心に拡充を進める。OEM、販促品では地場の強みを生かして「今治タオル」を中心にした展開に力を入れている。雑貨ルートの店頭商品として、今年から新シリーズ「ガーゼのタオル」を加えた。(⇒続きは、タオルリポート375号3面に掲載) 和雑貨のハイメンが「ガーゼのタオル」を発売。ガーゼタオル強化進める


・デザイン企画制作会社がタオル発売 セメントが「タオリータオリー」でベビータオル375_5 ― デザイン制作企画会社でオリジナルプロダクト製品の販売を行うセンメントプロデュースデザイン(大阪市西区、金谷勉社長)は事業の一つとして「みんなの地域産業協業活動」に取り組んでおり、地場産業との協業を軸に商品開発に取り組み、日本の商業発展のサポートを目指す。その一環として今治産地の機業、イケウチオーガニック(阿部哲也社長)と組んで一緒に遊べる親子タオル「タオリータオリー」を発売した。(⇒続きは、タオルリポート375号3面に掲載) デザイン制作会社がタオルも販売。このほどセメントプロデュースデザインが発売した「タオリータオリー」


・京絞りのいづつ 雪花絞りのタオル発売 今治製タオルに加工375_6 ― 京都の京絞り、和装小物の専門店が、タオルの加工販売を始めた。京都市下京区にあるいづつ(山田正太郎社長)で、昨年から今治製の白いタオルに、雪花絞り染めして販売する。(⇒続きは、タオルリポート375号3面に掲載) 京絞りの染工場いづつがタオル。雪花染めの技術を使い、今治製の白いタオルに絵柄を描く


 ・金野タオル 「シンジカトウ」に「ちびまる子ちゃん」などのシリーズ加える375_7 ― 金野タオル(大阪府泉佐野市、金野泰之社長)は雑貨デザイナー加藤真治氏が創作したデザインをタオルにプリントした「シンジカトウ」の展開に力を入れる。今年でライセンシ―になって12年なるロングセラー・タオルだ。今春も新シリーズ、新柄を積極的に加えた。人気アニメの「ちびまる子ちゃん」「カピバラさん」「フラガール」で新シリーズを発売するとともに「シュガータイム」「バレエ」や「トーンステップ」「シャトンシャトン」などのシリーズでは新柄を拡充した。(⇒続きは、タオルリポート375号4面に掲載) 「シンジカトウ」タオルに「ちびまる子ちゃん」などのキャラクターを加えた金野タオル


・浅野撚糸「エアーかおる」 7つ目の機能は気化熱効果 ― 浅野撚糸(岐阜県安八町、浅野雅己社長)が10年前から販売する魔法の糸「エアーかおる」、市販糸「スーパーゼロ(SZ)425」にまた新しい特徴が加わった。これで同糸の特徴は7つになった。(⇒続きは、タオルリポート375号4面に掲載)


・新居田物産 販促品向けに動物顔型などの変形タオル開発375_8 ― インクジェットプリントタオルの大手、新居田物産(愛媛県今治市、新居田初男社長)が新タイプの販促、SP向けタオルを加えた。動物の顔の形やグランンドピアノの形にカットして、メロー縫製して仕上げたタオルだ。(⇒続きは、タオルリポート375号4面に掲載)販促品を中心に、別注に力を入れるインクジェットプリンターの新居田物産。今年から新し商材として犬や猫の顔型にカットするなどの変形タオルを発売した


・ファッションワールド東京(春) 4月5~7日、東京ビッグサイトで開催 ― 第4回ファッションワールド東京(春)が4月5~7日、東京ビッグサイト西棟で開かれる。アパレル、バッグ、シューズ、メンスファッション、アクセサリー、OEM、テキスタイルの7つの展示会で構成される。(⇒続きは、タオルリポート375号2面に掲載)


・AFF大阪2017 4月11~13日 大阪・マイドーム大阪で開催 ― アジアファッションフェア(AFF)大阪が4月11~13日、大阪市中央区のマイドームおおさかで開かれる。今回で15年、30回目を迎える。(⇒続きは、タオルリポート375号2面に掲載)


・バリアフリー2017 4月20~22日 大阪・インテックス大阪で開催 ― バリアフリー2017が4月20~22日、大阪南港のインテックス大阪で開かれる。慢性期医療展2017、看護未来展2017が同時開催され、合計で380社・団体が出展する。(⇒続きは、タオルリポート375号2面に掲載)


・アンビエンテ2017 来場者4%増で活況呈す ― 世界最大の消費財見本市、アンビエンテ2017は出展社が96カ国から4454社(前回95カ国、4386社)、来場者が154カ国から14万2000人(前回142カ国、13万5988人)で4%ほど増え、「大盛況のうちに閉幕」した。日本からは84社が出展した。なお、次回開催は2018年2月9~13日。(⇒全文。タオルリポート375号2面に掲載)


・中国・浙江省輸出商品交易会 9月12~15日 大阪・インテックス大阪で開催 ― 中国・浙江省輸出商品(大阪)交易会は9月12~15日、大阪市住之江区のインテックス大阪で開かれる。アパレル、ホームファッション、日用品雑貨業者計200社(300小間)が出展する。(⇒全文。タオルリポート375号2面に掲載)


・綿糸相場 (タオルリポート375号4面に掲載)375_soba