・タオルリポート383号(2017年5月24日付)

・西川産業 インショップ展開強化 コンサルビジネス・ベースに 専門員スリープマスターなど配置で383_2 ― 西川産業(東京都中央区、西川八一行社長)がインショップ展開、売り場でのコーナー販売に力を入れている。このほど開いた今秋冬展でトータル寝具ブランドの「&フリー」をはじめ、同社の「今治タオル」ショップ「タオリエ」、新ハウスブランドの「東京西川プレミアム」でインショップ提案強化を明らかにした。また、ブランドに横串を刺して編集したライフスタイル別寝室提案にも注力、売り場でのコーナー展開に取り組む。インショップ提案ではそれぞれに客へのアドバイザー、サポーターを配置してソフト面の拡充を進めたのが特徴だ。(⇒続きは、タオルリポート383号1面に掲載)


・THE 洗剤不要のスポンジ開発、販売へ383_3 ― THE(ザ、東京都港区 米津雄介社長)は20日、洗剤不要のスポンジ「THE SPONGE(ザ・スポンジ)」と「THE KITCHEN SPONGE(ザ・キッチンスポンジ)」を発売した。(⇒続きは、タオルリポート383号2面に掲載)


・テキスタイルインディア訪問者に航空券など補助 ― インド国際テキスタイル展示会(テキスタイルインディア 2017)が6月30日から7月2日、インド・グジャラート州にあるThe Exhibition Centre(ザ・イクスヒビション・センター)で開かれる。現在、日本の代表窓口、日印国際産業振興協会(東京都港区)はアパレル、アクセサリー購買担当者の来場を促進するため、航空券とホテル宿泊費補助(往復エコノミーチケット代補助6万~7万円ほど、5つ星ホテル)を行っている。(⇒続きは、タオルリポート383号2面に掲載)


・ビューティーワールドジャパン2017 来場者7万超し過去最高を記録 ― 5月15~17日、東京ビッグサイトで開かれた美容、エステ、コスメの総合見本市、ビューティーワールドジャパン(BWJ)は3日間で7万2594人の来場者があった。前回を8000人以上上回り(前回は6万4574人)、過去最高となった。(⇒続きは、タオルリポート383号2面に掲載)


・ジャパンクリエーション2018、プレミアムテキスタイルジャパン(PTJ)出展社募集へ ― 日本ファッション・ウィーク推進機構(JFW)はこのほど、11月28、29日、東京フォーラムで開くジャパンクリエーション(JC)2018とプレミアム・テキスタイル・ジャパン(PTJ)2018秋冬の出展社の受付を始めた。両展とも受付の締め切りは6月1日(必着)で、審査を行い、出展決定は6月20日の予定だ。(⇒続きは、タオルリポート383号2面に掲載)


・大阪勧業展2017出展社募集中 ― 大阪商工会議所、堺商工会議所、大阪府商工会連合は今年の10月18、19日、マイドームおおさか(大阪市中央区)で開く大阪勧業展2017への出展社を募集中だ。申込締切りは6月30日。申し込みは同展のホームページから。(⇒続きは、タオルリポート383号2面に掲載)


・インド繊維製品展(大阪) 7月19~21日、マイドームおおさかで ― インド貿易振興局(ITPO)は7月19~21日、マイドームおおさか(大阪市中央区)で、第38回インド衣料品展と第28回インド家庭用品展を開く。(⇒続きは、タオルリポート383号2面に掲載)


・昭和西川 「ポリジン」タオル発売へ 新規販路開拓の戦略商品として活用383_4 ― 昭和西川(東京都中央区、多田昌且社長)は今秋冬から、6年前から積極展開を進めるスウェーデン製の抗菌防臭加工「ポリジン」そのものをブランドにしたタオルを、販路開拓の戦略商品に位置付け、拡販に入る。(⇒続きは、タオルリポート383号3面に掲載)


・スタイレム 手間暇かけたタオルギフト発売 「今治タオル」の「tema&hima(てまひま)」で383_5 ― スタイレム(大阪市浪速区、酒向正之社長)のギフトコミュニケーション課は「今治タオル」認証タオルで「tema&hima(てまひま)」ギフトを発売する。素材からデザイン、製織へのこだわりを特徴に販売に入る。「てまひま」は手間=技術とひま=時間をかけた物作りを行ったタオルであることをイメージとして発信することを狙ってシリーズ名にした。素材には杢糸とクラボウの差別化し「ファノン」を使用した。(⇒続きは、タオルリポート383号3面に掲載)


・小原 「ハイドロ銀チタン」タオルに、寝装品も加える ― (タオル美術館グループのタオル問屋、小原(東京都港区、吉野哲社長)は今秋冬から、たんぱく質を水に変える「ハイドロ銀チタン」タオルに、タオル製寝装品を加える。また、キッチンタオルの拡充も進めた。同タオルは創薬会社DRCが開発した「ハイドロ銀チタン」を使用したたんぱく質を水に変える機能を利用したもので、タオルは今春夏から本格販売を始めた。⇒続きは、タオルリポート383号3面に掲載)


・村上タオル 施術しやすいエステローブ開発 エステサロンとコラボで383_6 ― 村上タオル(愛媛県今治市、村上好胤社長)が5年ぶりに、エステ、コスメの専門展、ビューティーワールドジャパン(BWJ)に復帰した。エステサロン向けで100色のカラーをそろえた「エムカラータオル」を中心に、ベッド用やウエア類を売り込んだ。ウエアでは、エステで背中の施術が容易にできるエステローブを提案した。(⇒続きは、タオルリポート383号4面に掲載)


・愛媛県繊維染色工業組合もブランディング事業 ― 今治産地の染工場の組合、愛媛県繊維染色工業組合(山本敏明理事長)は染工場として生き残っていくために、染色ブランディングプロジェクトに取り組みはじめた。(⇒続きは、タオルリポート383号4面に掲載)


・タオルヤーンクラブ(TYC) 秋の東京国際ギフトショーに出展決める ― 世界に通用する日本発のタオル用原糸の開発に取り組む紡績10社の集まりタオルヤーンクラブ(TYC、羽根隆則代表)は5月16日、大阪市中央区の信友大阪支店で会合を開き、8月30日から9月8日までのギフト・ショー・ウイークの6~8日の3日間開かれる第84回東京国際ギフトショーに初出展することを決めた。(⇒続きは、タオルリポート383号4面に掲載)


・今治タオル工組 理事長に井上氏 ― 今治タオル工業組合は5月19日、組合名改定後、初の通常総会を開いた。役員全員が退任、新役員を選んだ。総会後の役員会で理事長に井上裕基氏(井上タオル社長)を選び、副理事長には正岡裕志(正岡タオル社長)、吉井智己(吉井タオル社長)、川又馨(川俣タオル社長)、村上政嘉(村上パイル社長)の各氏が、また専務理事には木村忠司氏が就任した。井上理事長は昇格、正岡副理事長および木村専務理事は再任。任期は2年。(⇒全文、タオルリポート383号4面に掲載)


・大阪タオル工組 理事長に重里氏 ― 大阪タオル工業組合は5月19日、理事会を開き、中沢茂理事長(中澤織物社長)の退任を認めるとともに、新理事長に重里豊彦氏(ツバメタオル会長)を選んだ。その後開かれた通常総会で報告、承認された。(⇒全文、タオルリポート383号4面に掲載)


・綿糸相場 (タオルリポート383号4面に掲載) 383_soba