・タオルリポート392号(2017年7月26日付)

・インドの「マイクロコットン」 GMSなどへ販路開拓 温泉用白タオルも輸出392_1 ― 日本の百貨店、ファッション・ショップを中心に11年前から販売しているタオル「マイクロコットン」を製造するインドのシャラダ・テリー・プロダクツ(インド・タミル・ナードゥ州コインバトール市)が7月19~21日、大阪・マイドームおおさかで開かれた第28回インド家庭用品展に初出展し今後、日本で温泉などで使用される名入れの白タオルから、量販店、家庭日用品店などで販売するタオルなどの輸出を行うことを明らかにした。6月に開かれたインテリアライフスタイル2017では代理店のヘリオス・ホールディングス(愛知県豊橋市、小野田成良社長)などを通じてブランドの「マイクロコットン」で出展、OEM対応を積極化させることを明らかにしたばかりだ。(⇒続きは、タオルリポート392号1面に掲載))GMS向け、温泉用白タオルなど、販路開拓のための戦略商品(第28回インド家庭用品展で)


・中国・石家荘億兆達紡織 新タイプのマイクロファイバータオル開発392_2 ― 分厚くて方向安定性に優れたジャカード編みのポリエステル・マイクロファイバータオルがこのほど開かれたキッチンウエアEXPOに登場した(写真)。バスタオルとして日本に売り込んだ。バスマットにも使えそうだ。出品したのは中国河北省石家荘市に工場を持つ石家荘億兆達紡織で、マイクロファイバーの専門工場だ。2002年設立で、当時から日本向けを中心にヨーロッパ、米国などへ輸出してきた。現在は9割ほどが日本向けだという。(⇒続きは、タオルリポート392号2面に掲載))中国・石家荘億兆達紡織が開発したマイクロファーバー製上げ落ちジャカード編みのタオル


・エアジェット200台、年産2万㌧のインドのタオルメーカー「シャラダ・テリー・プロダクツ」が日本上陸 「マイクロコットン」の製造元 ― 「マイクロコットン」ブランドでタオルを展開するシャラダ・テリー・プロダクツはインドの南西部のタミル・ナードゥ州・コインバトール市で70年以上前からタオル業を営む。日本へ輸出を始めたのは11年前で今日、百貨店や専門店などで欧米仕様の高級タオルとして定着する。(⇒続きは、タオルリポート392号2面に掲載)


・6月の百貨店店売上高 1.4%増で2カ月ぶりに増加 インバウンド消費が牽引 ― 日本百貨店協会7月21日発表の6月の全国百貨店売上高は前年同月比1.4%増の4720億円で、2カ月ぶりにプラスとなった。協会は「円安株高で富裕層の高額消費やインバウンド(41.4%増の184億円)が好調に推移したことに加え、少雨高温の天候が夏の季節需要を押し上げた。多くの店舗でクリアランスセールを6月末に前倒しするなどプラス材料が重なった。(⇒続きは、タオルリポート392号2面に掲載)


・6月のコンビニ売上高 既存店ベースで4カ月ぶりマイナス 非食品のマイナス響く ― 日本フランチャイズチェーン協会7月20日発表の全国コンビニエンスストアの売上高は全店ベースで2.0%増の8897億円、既存店ベースで0.1%減の7834億円だった。全店は52カ月連続増となったが、既存店ベースは4カ月ぶりのマイナスとなった。(⇒続きは、タオルリポート392号2面に掲載)


・DDインテックス 「リバティー」生地使い「フローレットロンドン」 タオルも392_3 ― リネンなどのインテリアファブリックを総合的に扱うDDインテックス(徳島県徳島市、山岡敬社長)は「リバティー」プリントを使用したインテリア小物、雑貨を「フローレットロンドン」のブランドで展開する。タオルはタオルハンカチとフェースタオルを販売する。春夏と秋冬に新作を発表しており、今秋冬向けにもシーズンコレクションとして6柄を加えた。また同じプリント柄で作ったティッシュポーチと組み合わせたギフトも発売した。(⇒続きは、タオルリポート392号3面に掲載))「リバティ」プリントを使って開発したDDインテックスの「フローレットロンドン」のタオル企画


・FSX おしぼりの安全性、品質保証 自主検査体制整備で ― おしぼりを通じて新しいおもてなし文化の創造を目指すFSX(東京都国立市、藤波克之社長)が7月19日、第三者機関に委託していたおしぼりの安全性に関する一連の業務の内製化に取り組み始めたことを明らかにした。おしぼりの安全性に対するトレーサビリティーを可能にしていく。(⇒続きは、タオルリポート392号3面に掲載)


・西川リビング 清潔快適羽布団「ロイヤルスター」発売20周年 新商品も392_4 ― 西川リビング(大阪市中央区、西分平和社長)が販売する主力羽布団の一つ「ロイヤルスター」が発売20周年を迎えた。7月20日から俳優の千葉雄大さんを起用したキャンペーンセールをスタートさせた。該当商品を購入すると、店頭で応募はがきがもらえ応募すると、抽選で222人に賞品が当たる。(⇒続きは、タオルリポート392号3面に掲載))「ロイヤルスター」開発20週音を記念して発売した同ベビー寝具。他に「ロイヤルスター¥デュオ」も販売に入る


・インターテキスタイル上海 8月23~26日 ― アジア最大のホームテキスタイルの国際見本市「インターテキスタイル上海」が、8月23~26日の4日間、中国・上海の国家会展中心で開かれる。(⇒続きは、タオルリポート392号3面に掲載)


・「インド企業ともっと気長に付き合ってほしい」 ― インド衣料品展、インド家庭用品展が19~21日、大阪・マイドームおおさかで開かれた。出展社は両展合わせて69社。家庭用品展は22社だった。前回に比べ大幅減だ。4年前の記念展から年々減少傾向にある。  日印国際産業振興会のゴドガテ・プラシャント事務局長は「毎年出展している企業が60%を占める。公募しているがなかなか集まらない」。(⇒続きは、タオルリポート392号3面に掲載)


・大阪・泉州産地 誕生130周年事業で創立130周年の小学校へ記念タオル130枚贈呈 392_5 ― 大阪タオル工業組合は今年、産地誕生130周年を迎えた。記念事業の一つとして、今年創立130周年を迎える全国の小学校に呼びかけ、学校名を記載した「泉州タオル」を130枚、無償贈呈することにした。募集数は30校で、1887年(明治20年)創立の小学校が対象だ。該当する小学校は、はがきまたは封書で、学校名、住所、電話番号、担当者名を記入して大阪タオル工業組合(大阪府泉佐野市市場西1-8-8)まで申し込ばいい。後日、事務局から連絡が行く。募集期間は7月から8月末日まで。(⇒続きは、タオルリポート392号4面に掲載))創立130周年の小学校に贈る記念タオル


・七福タオル 「イッソ・エッコ」で初の男性に狙いを定めたタオル392_6> ― 七福タオル(愛媛県今治市、河北泰三社長)はこのほど同社をイメージさせるブランドとして定着する「イッソ・エッコ」の秋冬企画を明らかにした。男性をターゲットにしたシリーズを設けるとともに、これまで少なかったプリント物も強化した。全体に濃色系の色使いを増やし、これまでに比べシックで落ち着いた感じになった。(⇒続きは、タオルリポート392号4面に掲載))「イッソ・エッコ」タオルの2017秋冬新作


・金野タオル 阪神百貨店の化粧品・装飾品売り場でイベント販売 大阪土産に人気の加藤真治の「ちびまる子ちゃんタオル」など ― 金野タオル(大阪府泉佐野市、金野泰之社長)が現在、阪神百貨店の1階服飾雑貨・化粧品フロアのハンカチ売り場の一角で、「シンジカトウ」と人気キャラクターがコラボしたタオルチーフ(タオルハンカチ)を中心に、直売を行っている。(⇒続きは、タオルリポート392号4面に掲載)


・綿糸相場 (タオルリポート392号4面に掲載) 392_soba