タオルの専門情報紙です。
最新情報を発信いたします。
空気、水と同じようなタオルですが、ちょっと気にしてみませんか。
気になったときはのぞいて見てください。
■タオルリポート104号 2011年9月21日号
・ オリム 新しい企業イメージ発信へ ライフスタイル提案で 大西とのシナジー効果発揮目指す
――2010年2月に大西グループ(大阪市中央区、大西寛社長)がオリム(愛媛県今治市、大西寛社長)を買収して1年半が過ぎた。この間オリムはそれ以前とあまり変わらない事業展開をしてきたが、このほど開かれた東京ギフトショーで、新しいオリムを発信した。ほぼ同時にフランス・パリで開かれたメゾン・エ・オブジェにも初出展、欧米輸出にもチャレンジする姿勢を見せた。(⇒続きはタオルリポート9月21日付104号1面に掲載)
4つの懇切とに分けて生活提案するオリム(東京ギフトショーで)
・ 若手デザイナーとコラボ 注染の日本手ぬぐいを素材に商品開発 リビング&デザイン展で発表
――関西の若手デザイナー集団「D×K(ディーバイケー)」は14〜17日、インテックス大阪で開かれたリビング&デザイン(L&D)に出展、関西のものづくり企業とコラボレーションして開発した製品を発表した。その1人でアパレルデザイナーの石橋智香さんが注染の日本手ぬぐい用小幅織物を使って、日傘とストールを製品化してアピールした。(⇒続きはタオルリポート9月21日付104号2面に掲載)

日本手ぬぐいの反物から開発した日傘やストール。右は開発したアパレルデザイナー石橋智香さん
・ 「京和晒綿紗」の和晒手法をタオルにも 大東寝具工業がタオルメーカーの依頼で研究
――大東寝具工業(京都市伏見区、大東利幸社長)は「京和晒綿紗」ブランドで、ガーゼや脱脂綿を素材にした寝具寝装品を展開する。晒しは和晒しで行い肌に優しいモノ作りを進める。現在、タオルを和晒しで仕上げる試験も行っている。(⇒続きはタオルリポート9月21日付104号2面に掲載)
多重ガーゼ重ね素材を和晒で仕上げた大東寝具工業の「京和晒綿紗」のパジャマや寝装品
・ 台湾のマイクロファイバーメーカー 日本市場への進出狙う 東京ギフトショーに出展
――台湾のマイクロファイバーメーカー、明世界實業有限公司(台湾・新北市)が日本へタオルなどバス関連製品を売り込むために、このほど開かれた東京ギフトショーに出展し、日本市場への進出を本格化させた。(⇒続きはタオルリポート9月21日付104号2面に掲載)
マイクロファイバー商品で日本進出を狙う台湾の明世界實業有限公司
・ トレードワークス 販促、景品タオルの拡充進み、プロパー向けに卸も 抗菌タオル加える
――雑貨やヘルスケア製品を企画・開発から製造、物流、納品までのすべてを総合的にマネジメントするトレードワークス(東京都渋谷区、千葉啓一社長)はファッション雑貨としてタオルを扱ってきた。タオルハンカチが中心だが、今秋冬からは昨年から発売の竹繊維タオルに加え、抗菌タオルの販売も始める。(⇒続きはタオルリポート9月21日付104号1面に掲載)
多彩に品ぞろえするトレードワークスのタオルハンカチと新商品の抗菌タオル
・ くろちく 「柔らか両面ガーゼ」 マフラー好調を受けから手ぬぐい、ハンカチなどへアイテム拡大
――和柄、和雑貨の開発を通じて、和のある暮らしを総合的に演出するくろちく(京都市中京区、黒竹節人社長)は今秋から、ガーゼを合わせて2重にして縫製した新商品「やわらか両面ガーゼ」の販売に入った。先週開かれた東京ギフトショーで発表した。(⇒続きはタオルリポート9月21日付104号1面に掲載)
ガーゼプリントを2枚重ねて縫製した「柔らか両面ガーゼ」のマフラーの新柄と手ぬぐいやハンカチの新商品
・ センコー 「S・D・S」強化の一環で「フルーツ王国」商品化 キッチン用品中心に展開
――ハウスブランド「S・D・S(センコー・デザイン・スタジオ)」の育成を進めるセンコー(兵庫県小野市、長谷川謙三社長)が、ブランド力強化の一環として「フルーツ王国」を立ち上げた。(⇒続きはタオルリポート9月21日付104号1面に掲載)
楽しい売り場つくりで拡販を目指すセンコーの「フルーツ王国」
・ ドラム式洗濯機対応タオル 楠橋紋織が強力洗浄でも風合いが損なわれないタオル開発 「ダブルスター・プレッソ」ブランドでデビュー
――楠橋紋織(愛媛県今治市、鍋島博志社長)が、ドラム式洗濯機対応のタオルを開発した。(⇒続きはタオルリポート9月21日付104号4面に掲載)
楠橋紋織が販売に入ったドラム式洗濯機対応タオル。ドラム式洗濯機で洗濯しても風合い、肌触りが損なわれにくいタオルだ。
・ 金野タオル「シンジカトウ」でおしゃれな汗取りタオル開発 「えぷろんきっず」で発売
――金野タオル(大阪府泉佐野市、金野泰之社長)は今秋から、主力キャラクター・ブランド「ShinziKatoh(シンジカトウ)」に、ベビー、幼児ドレスのように縫製した汗取りタオル製品を加えた。「えぷろんきっず」(写真)として販売に入った。(⇒続きはタオルリポート9月21日付104号4面に掲載)
金野タオルが発売する「シンジカトウ」の汗取りタオル「えぷろんきっず」
・ 第6回タオルソムリエ試験 9月15日に実施 受験者は過去最多
――第6回タオルソムリエ資格試験は15日、東京、大阪の商工会議所と愛媛県今治市のテクスポート今治の3会場で実施された(写真は大阪会場)。申込数は過去最多の322人だった。(⇒続きはタオルリポート9月21日付104号4面に掲載、写真は今週の1枚)

・ タオルソムリエ研修会 今治会場開催10月1日

――四国タオル工業組合は2011年度タオルソムリエ今治研修会を10月1日の午後1時30分から、今治市のテクスポート今治で開く。年2回、春と秋に開く産地のタオル祭り、第27回今治タオルフェア(10月1、2日)に合わせて実施する。(⇒続きはタオルリポート9月21日付104号4面に掲載)

・綿糸相場 
 
 
 
タオルリポート